ガラスレンズのデメリット

ガラスレンズは破損しやすい

ガラスレンズは表面が固く、傷がつきにくいタイプのレンズです。しかし、衝撃に弱く破損しやすいというデメリットがあります。メガネを落としたり、メガネに物が当たると、レンズが割れるリスクが高いです。プラスチックレンズに比べて、ガラスレンズは重くずり落ちやすいという特徴もあります。そのため、メガネを落として破損させやすいのです。またガラスレンズは、強度な近視の方に選ばれることが多い種類です。ガラスを使用した場合、かなりの薄さのレンズを作ることができるからです。目が非常に悪くレンズが厚くなりやすい方は、薄く加工されたガラスレンズを支持するようです。ガラスレンズは薄く加工できますが、レンズが破損するリスクも高まるので注意しましょう。

ガラスレンズはバリエーションが少ない

ガラスレンズのデメリットの一つは、設計やカラーなどのバリエーションが少ないという点です。現在購入されているメガネのほとんどは、プラスチック製のメガネです。ガラスレンズの制作工程にコストがかかることもあり、ガラスレンズの新設計の開発は少ないのが現状です。プラスチックレンズに比べて、ガラスレンズの種類は10分の1程度しかないと言われています。また、ガラスレンズは簡単に染められないので、カラーレンズはグレー系とブラウン系のみとなっています。ガラスレンズのメガネを選ぶ際は、少ない種類の中からデザインを選ぶことになるでしょう。枠のあるフレームしか作れないのもデメリットと言えます。枠なしフレームを選びたい場合は、プラスチックレンズを選ぶしかありません。