プラスチックレンズの場合

自身の目の状態によっては、プラスチックレンズのメガネを選択することがあると思います。ここでは、プラスチックレンズのメガネのメリットやデメリット、得られる経験などについて紹介していきます。自分にあったプラスチックレンズのメガネを探すときの参考にしてください。

プラスチックレンズのメリット

ガラスレンズはある程度の重さがあるため、常時身につけていると疲れの原因になってしまうかもしれません。しかし、プラスチックレンズのほうはとても軽いので、軽いフレームと組合わせれば、メガネの重さを感じ…

プラスチックレンズのデメリット

プラスチックレンズは、軽く割れにくいというメリットがあり、デザインも豊富で、愛用している人も多いでしょう。しかしながら、その反面、レンズに傷がつきやすいというデメリットもあるのは事実です。傷防止の…

プラスチックレンズの選び方

メガネといえば、牛乳瓶の底のような厚くて重いレンズをイメージしていたのは遠い昔のこと、いまや厚いレンズを見つけるのが難しいほど薄く、軽いプラスチックレンズが主流ですよね。それが可能になったのも高屈…

メガネも種類いろいろ

視力矯正アイテムの一つです。しかし太陽光から目を保護するサングラスをはじめ、粉塵や薬品から守るタイプのものもまた、メガネの一種といえます。

ガラスレンズの場合

ガラスレンズのメガネを選択するとなれば、いろいろな条件をチェックする必要がありますよね。長期間愛用するためには、ガラスレンズのメガネのどんな点に注意すればいいのでしょうか。ここでは、ガラスレンズのメガネを選ぶときのポイントを紹介していきます。

ガラスレンズのメリット

メガネレンズの素材は大きく分けて二つ、プラスチックとガラスがあります。現在販売されているメガネの90%以上はプラスチックレンズを使用したものだそうです。しかし、「傷がつきにくい」「透過率が高い」「…

ガラスレンズのデメリット

ガラスレンズは表面が固く、傷がつきにくいタイプのレンズです。しかし、衝撃に弱く破損しやすいというデメリットがあります。メガネを落としたり、メガネに物が当たると、レンズが割れるリスクが高いです。プラ…

ガラスレンズの選び方

使用に伴う重量の負担

眼鏡に使用するレンズの素材は時代の移り変わりの中で増えていますが、従来のガラスレンズのこだわる人も多くいます。ガラスの素材を選ぶ時に注意しなくてはいけないのが重量です。ガラスは素材の性質上、他の素材に比べると重量が重くなります。このレンズにフレームの重量が加算されるため、需要が増えているプラスチックレンズに比べて耳への負担が大きくなるので注意が必要です。すぐに変化が現れるわけではないので、完成後の試着の段階では気が付き難く、使い続けて耳に違和感を覚える人も少なくありません。顔にジャストフィットしていないと重さで眼鏡が下にズレてしまうこともあります。ガラス自体の重さを変えることは難しいため、フレームを軽量の物にするなどの対処が必要です。

薄さと耐久性の兼ね合い

ガラスレンズは重量が重いというデメリットがある反面、他の素材に比べて加工がしやすいというメリットがあります。視力の低下に伴ってレンズに厚みが増すことが気になるという人は見た目に違和感のない極薄加工にしてもらうことも可能です。この極薄加工をする場合に気を付けなくてはいけないのが耐久性です。素材の中でも非常に繊細な作りになっているガラスは衝撃に弱く割れやすいという特性があります。プラスチックレンズなら耐えられる高さもガラスではヒビが入るというケースは少なくありません。厚みが薄くなれば耐久性が落ちてさらに割れやすくなるので注意が必要です。レンズの加工をする時は、耐久性との兼ね合いを考えることが重要になります。